img_01

ニキビ治療はセルフケアよりも病院を受診する

ニキビができてしまった時に、全く何もせずにそのまま放置してしまうという人もいますが、多くの場合ドラッグストアで買った薬や化粧品によるスキンケアを行います。
ドラッグストアで手に入る薬にはたくさんの種類があり、皮膚を少なくして毛穴の出口をふさぐ角栓を取り除く効果のある薬や炎症を抑える薬が主流です。

化粧品では予防を目的にしたものと、治すことを目的にしたものとがあります。

化粧品も上手に活用すれば、ニキビを悪化させることを予防できるのですが、使い方を間違えてしまうと、せっかくスキンケアをしていても、かえって症状を悪化させる原因になる可能性があるので注意が必要です。こうしたアイテムを使って自分で治療をすることも確かにできるのですが、ニキビは尋常性ざ瘡というれっきとした皮膚の病気の一種であり、病院で医師の診察を受けて治療をしてもらうのが最も確実です。
病院で行われる治療としては、まずはその種類と重症度を判断し、塗り薬、飲み薬、理学療法などの中から治療に最も適したものを選択します。

様々な分野の銀座のニキビの皮膚科のことならこちらのサイトをご覧ください。

ニキビはたった一つでもできてしまうととても気になるものです。気になるからとついやってしまいがちなのが指でつぶすという行為です。



これはニキビに刺激を与え、さらに悪化させることにつながるだけでなく、正常な皮膚も傷つけ、その結果深い痕を肌に遺してしまう可能性もあるので、絶対にやってはならないことです。



状態を正確に診断して、より効果的な治療を受けるためにも、医療機関を受診するのがおすすめです。